三十路目前婚活を始めました

img_01
晩婚というのは嘘ではないようで、二十代半ばになっても私の周りは独身ばかり。
私自身、特定の男性はもう何年もいない状態でした。


しかし三十路目前。

ついにやってきてしまいました、結婚ラッシュ。

ご祝儀貧乏が半年といった単位で続く程。

さすがの私も遊ぶ相手が減ったことも含めて焦りだし、婚活を始めることにしました。とはいっても職場での出会いは皆無。


だからといって、それ目的のイベントなどに参加する勇気もなく…。まずは交友関係を広めることにしました。
「婚活」とあからさまな活動をするのではなく、友人の紹介で人脈を増やしていくといった方法です。

友人の紹介、と思うと安心感もありますし、友人としてからのスタートであれば自分の気持ちも、相手へのプレッシャーも少なく済みます。

結婚式 横浜に関するご質問を解決いたします。

この方法が私には適していたようで、友人の紹介で知り合った方とは、あくまで友人止まりだったのですが、大人数でイベントを開催した際に、その方の友人と意気投合し、お付き合いするようになりました。相手の方は三十代半ばということもあって、お付き合い当初から「結婚前提」とお互い考えており、現在はそれぞれの両親への挨拶まで進んでいます。

私の場合は予想以上にスムーズに事が進んだかな、といった印象はありますが…「婚活」という意識は自分の内に秘めておいて、男女問わず積極的に出会いを増やし、友人を増やすことが大事なのだと思いました。

コンセプト/横浜結婚式場エルティアの知識が身につきます。

年齢を重ねるごとに出会いはどうしても減ってしまうので、私にとって、この方法は同性の友人も増え、生活がより充実するようになりました。

物事に慎重になりやすいタイプの方にはこの方法はオススメできると思います。